電磁開閉器 MS-Nシリーズ

三菱電機(株)の電磁開閉器 MS-Nシリーズカタログ
  • "492図1. スターデルタ始動器の接続図例(3接触器)モータ負荷への適用/スターデルタ始動への適用MCCRTMCSMCDTHRONOFFMCSMCDRTRTMCSRTMCDW1V1U1U2 V2 W2MTHRRSTMCCBMCCSC 2.12 スターデルタ始動への適用 スターデルタ始動には 3 台の電磁接触器を使用(図1の3接触器式 )、2 台の電磁接触器を使用(図2の2接触器式 )およびスターからデルタへの切換時に一旦抵抗を挿入 ( 図3 のクローズドトランジション式 ) する方式があります。なお、スター用 (MCS または MCS1) とデルタ用 (MCD) 電磁接触器間は必ず電気的インタロックを設ける必要があります。3 接触器式は一般的に使用され、モータの停止時には、モータの巻線に電圧が印加されないので、漏れ電流による絶縁劣化を抑制できます。2 接触器式は、経済的ですがモータの停止中でも巻線に電圧が印加されるので、消火設備など休止時間の長い用途には適しません。クローズドトランジション式はスターからデルタへの切換時にモータが電源から切り離されないので、突入電流および電圧降下を抑制できます。じか入れとスターデルタ始動の各電流値の比較を下表に示します。図 1 および図 2 による接続の各電磁接触器およびサーマルリレーの選定を 50 ページに示します。(一点鎖線は進相コンデンサを接続する場合の推奨回路を示します。)図2. スターデルタ始動器の接続図例(2接触器) (休止期間の長い用途には3接触器式を、おすすめ します )(一点鎖線は進相コンデンサを接続する場合の推奨回路を示します。)図3. クローズドトランジション式スターデルタ始動器の接続図例(一点鎖線は進相コンデンサを接続する場合の推奨回路を示します。)始動法始動時(スター用電磁接触器)運転時(デルタ用電磁接触器)接点電圧接点電流全負荷電流接点電圧接点電流トルク始動電流6lmじか入れ1.5T 6lm Em/ 3 lm lm Em/ 32lmスターデルタ0.5T 2lm Em/ 3 lm Emlm/ 3表25. じか入れとスターデルタ始動の比較注1. Im:モータをデルタ結線した場合の全負荷電流、Em:線間電圧、T:定格トルク注2. トルクは推定値です。減圧始動から全電圧運転への切換えができなかった場合、減圧始動状態が継続され、モータおよび機器を損傷させることがあります。 MCS(デルタ短絡)SCMCCMCCBMCCMW2V2U2W2V2U2U1 V1 W1TSMCSMCDRTMCMMCMRTRTRTHRMCM MCDMCS(スタ−短絡)OFFONTHRMCDMCSMCDRT3接触器式スタ−タクローズドトランジション式スタータ2MCSMCCMCDRA2MCS21RA1MCSMCDRT2MCSMCS1MCDR1MCSMCMMCDTHRONOFFMCSMCDMCMRTMCMRAMCSW1V1U1U2 V2 W2MTHRRSTMCCBMCCSC2接触器式スタ−タ●じか入れとスターデルタ始動の比較 --1/1-- "