Gravis UXシリーズ【ツインノズルモデル】


ICHIDASシリーズ:レーザ測位システム


特長

・レーザ測域センサを用いることで地図作成を行い、これをもとに高精度な位置同定を実現します。マーカやガイドラインの設置は必要ありません。
 ・1周期25msの位置検出速度を実現しました。移動体の制御などにも十分な性能を発揮します。
・地図作成・位置同定の各機能を制御するためのGUIベースのソフトウェアが付属しています。専門的な知識なしでもすぐに地図作成と位置同定機能を評価できます。

レーザ測域センサによる地図作成・位置同定の原理
  レーザ測域センサは周囲にレーザ光を照射(スキャン)し、光が当たった点までの距離を測ることができるセンサです。ICHIDASはこの計測結果を重ね合わせることで地図を作り、さらにその地図を用いて位置を認識することができます。


応用例
自律移動ロボットや自動搬送車の制御、デジタルピッキングの位置管理、フォークリフトなど移動物の動線管理など。


 
カタログの請求はこちらです→